世界中に理想のマッサージチェアを届けたい
常に本質を見定め、変化に柔軟に対応し、挑戦し続けます。
CEO 稲田壮秀

speech

なぜ変化がないのか

約20年近くこの業界で仕事をしてきたが、マッサージチェアに変化と進化を感じることができなかった。金銭的な投資の問題ももちろんあるのであろうが、マッサージチェアは、こんなものであろうという諦めも透けて見え、何よりマッサージチェアに対する情熱を企業が失っているように感じていた。しかし、私は情熱を無くしたことはなかった。世の中がそのようになっているのなら、理想のマッサージチェアを同じ思いのある仲間たちと作ろうと決心した

経営理念:感動を世界へ広げる

・本質を大切にする。
・変化を恐れず常に挑戦し続けること。
経営をするうえで大切にしている二つの軸である。
全員が10年以上の経験者だからこそ、マッサージチェアを愛しているからこそ、新しいアイディアは尽きない。
集まれば可愛い女の子の話より、マッサージチェアの話で盛り上がる。大切なことはオリジナルで唯一無二の物なのか、自分が絶対に欲しくなる愛情はあるかどうか。流行は追わない、ほかの真似もしない。そこには感動がないからだ。自分が感動できるものを作り、愛し、同じ情熱をもってユーザーへ伝えたいのだ。

従来チェアにはない独自の技術 コア指圧

深層の筋肉、筋膜をどのような方法でほぐせるだろうか。ある時思いついたのは、人もマッサージを受けている最中であった、人とマッサージチェアの違いはなんだろうか、常々考えているが、このマッサージを受けているときに気づいたのは、マッサージチェアには指圧がないということであった。指圧には治療効果も認められていることからも効果は高い、やはり深層の筋肉をほぐすことができる唯一の技法であるからだ、理想のマッサージチェアは指圧を再現しようと考えた。

speech
speech

しかし指圧技術を再現するには高い技術力が必要であった。刺激できる力はあるか、動きはスムーズであるか、そして振動音の問題である。 これらの難点をクリアし誕生したのがD-COREだ。体感してもらえば効果はすぐに実感できる。従来他社製品の筋肉の表面をほぐすこととは違い、適切な場所に、適切な力で深層の筋肉をほぐすため、確実に効果がでると確信している。背中だけではなく、腕、脹脛も新技術で深層の筋肉までほぐすことが可能となっている。

理想を追求し続ける

マッサージチェアを通じて、世界中に人々の健康をサポートしていくことが、弊社の夢である。そのためには真摯にマッサージチェアと向き合って、理想の製品を追求していかなければならない。今回発売のD-COREは現時点では、一番理想に近いマッサージチェアなので、多くの人に体験してもらいたいと 思っている。そして少しでも日常の身体の不満を解消を感じてもらえれば、これに代わる幸せはない。

speech